暑中見舞いを出さなかった人から暑中見舞いをもらったら

失礼に当たらないよういち早く返事を出しましょう。暑中見舞いのうちに返事を出すことがよいことなのですが、仮に遅くなって立秋を過ぎてしまったら、残暑見舞いとして送りましょう。返事を書く時は、暑中見舞いを受け取った御礼の言葉を一言でもいいので必ず添えてください。はがきを送る時は縦書きにすべきなのか、横書きがいいのか、迷います。特に、縦か横かで決まりがあることは違いますが、友達にではなく上司や親戚など上の立場に送るのであれば、縦書きがいいです。横書きにしたほうが楽に書けますが、少しくだけて見えますから、縦書きを選んだほうが受け取った方が読むと、フォーマルに感じます。暑中見舞いを書いて出すのは手間がかかる、とメールやラインの形で簡単に済ませたい、という方は少なくありません。もちろん、友人が相手ならハガキでなくても失礼とは思われないので気にすることはありません。しかし、手書きの文のほうが送られた方が読んで気持ちが伝わるため、書けるなら、ハガキに書いて渡すように決めることがいいですよ。
http://xn--eckr4nmbzex53zgia659c.net